団体信用生命保険とは?

NO IMAGE
通称団信と呼ばれるこの生命保険ですが、まず持ち家を買う際に組める、いわゆる銀行にお金借入できる状態ですね。この住宅ローンのお話です。
返済期間は大変長期間にわたりますが、
住宅ローンの返済期間中に、ローン契約者本人が死亡または高度障害状態に陥った際、もちろんですが住宅ローンの返済が困難になってしまいます。そういった事があった場合のリスク回避のためとして
住宅ローンを借り入れる際に銀行側が契約者となり生命保険に加入するのです。それが団体信用生命保険です。
契約者は銀行となり、保険料支払いもは銀行が行います。ローン契約者の負担額は0円となります。
生命保険の一種で残された家族の方が住宅ローンの返済によって一生経済的に困らないようにする為、ローンの残額を銀行が肩代わりしてもらえる住宅ローン専用の保険です。
団体信用生命保険で注意しなければいけないポイントがあります。そのポイントが、健康状態が悪いと加入できない事です。
団体信用生命保険は、通常の生命保険とは違う所はあっても生命保険の一種ですので契約する際には健康告知が必要です。生命保険への加入を希望する時に保険会社に自分の健康状態をあらかじめ申告する事を健康告知といい、各生命保険会社はその健康告知をもとに保険に加入させて良いかなどを判断するのです。基本的に団体信用生命保険は通常の生命保険よりも健康告知の項目が少なく、比較的に加入しやすいのです。ですが、告知した際の病気の種類によっては持病や既往症を持たれている契約者が団信に加入できないパターンもたまにあります。健康状態の団体が理由で住宅ローンの審査に通らない、ということが起こってしまうと念願のマイホームの購入を諦めなればいけないのは嫌ですね。なので民間の生命保険の中でも持病があっても入りやすい保険として引受基準緩和型や無選択・無告知型といったものもあります。

1つ注意する点としては、引受基準緩和型や無選択・無告知型の生命保険は、保険料は割増になってしまうのです。保障にはいくつもの条件がついており、内容も最初の1年以内に亡くなった場合と保障金額は半額しか保障されません。最初の1年以内に亡くなった場合でも保障金額は払い込んだ保険料分のみになってしまいます。持病がある方は加入しやすい保険を検討する時はどんな条件なのかとしっかりチェックして、どれに加入するかよく考えましょう。

住宅ローンカテゴリの最新記事