注文住宅とは?

注文住宅とは?

注文住宅とは間取りや構造、内装や設備など自分の希望通りにすることができる住宅です。


そして工務店やハウスメーカーに設計から工事までのすべてを依頼するのが一般的です。

注文住宅と言葉はよく聞きますが、具体的にどういったものなのかというのは実際にしてみないとわからないと思います。
人生で一番大きな買い物になるかもしれませんので失敗はしたくありませんよね。
私も調べてみて知ったのですが、注文住宅にもセミオーダー住宅やフルオーダー住宅という2種類の選択肢があります。

まず、フルオーダー住宅は建築にかかわる全てに自由度があり依頼者が指定して計画できます。
窓の種類、断熱材や木材など自由に選択できますが、かなりの建築知識も必要となってきますので、手間と時間がかかります。
加えて費用もかかりますので、時間や資金に余裕のある方におすすめします。
ですが世界に一つだけのマイホームは、誰もが憧れるのではないでしょうか。
メリットもデメリットもありますので、よく調べてからご決断ください。

一方、セミオーダー住宅はあらかじめ基本的な仕様は決まってますので、選びやすいかと思います。
キッチン・浴室などの住宅設備の色、外壁などを決めるかたちになります。
ですが間取りは自分たちで決めることができるので、アップグレードなども可能である程度は自由に選択できます。
こだわりのあるところはグレードアップ、こだわりの少ないところでコストダウンできるので予算内で自分好みの住宅が建てれます。
一般的にほとんどの方が、お手軽なセミオーダー住宅を選択されるのではないでしょうか。
またハウスメーカーも手間と時間がかかるのでフルオーダー住宅はあまりお勧めしないそうです。

そして建売住宅ですが、完成してしまっているため変更することは難しいでしょう。
注文住宅は、建売住宅に比べて選択の自由があり間取りや仕様なども変更できるのが、最大のメリットかと思います。
さらに建売住宅とは違い初めから建設現場での確認作業も出来るので手抜き工事での欠陥住宅が少ないそうです。
安心して新しい生活を始めるには、どのように工事が行われているのか適度に確認に行く方がいいでしょう。

ですが注文住宅にもデメリットもあります。
建売住宅は契約後から即入居できますが、注文住宅は入居まで時間がかかります。
こだわりが強ければ着工までに半年かかる場合もありますので、あらかじめ譲れないポイントなど絞っておくのもいいかもしれません。

注文住宅カテゴリの最新記事